墓じまい

墓じまいを安心価格で承っております

墓じまい(廃墓)とは、お墓を閉まって解体、処分することです。
近年、様々な理由から先祖代々の墓を撤去し、遺骨を永代供養の合葬墓などに移す「墓じまい」をする人が増えています。
「墓じまい」をするには、石塔、カロート、外柵など使用している墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態まで戻さなければなりません。墓所の広さ、墓石の数などにより金額が違います。
佐藤石材では、墓所撤去・処分を7万円/1㎡~承っております。
※神奈川全域は同一価格にて対応いたします。
弊社墓じまい価格
項目 詳細 費用
遺骨を取り出す費用 もとのお墓からご遺骨を取り出すための費用

20,000円/骨1体

お墓の解体、処分費用 古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、
産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
※但し、現場の立地条件により料金がことなります。傾斜地や歩く幅が80cm以下の場合割増料金がかかります。

70,000円/1㎡~

よくある墓じまいの理由

墓じまいに必要な書類と手続きの流れ

お墓の処分といっても、単に墓石を解体して廃棄すればいいいというわけではありません。
埋葬・埋蔵されている遺骨を勝手に処分することもできません。廃墓には行政への手続きや、ご遺骨の供養など様々な手続き、墓石の解体・撤去処分も必要になります。

【お墓から合同供養墓、お墓から樹木葬墓地)の場合】

書類の種類 発行元 費用
A:受入証明書 改葬先の管理者より発行してもらいます。 400~1500円/1通
B:埋葬証明書 現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。 400~1500円/1通
C:改葬許可申請書 現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。
D:改葬許可証 現在のお墓がある役所より発行してもらいます。
C:改葬許可申請書、A:受入証明書、B:埋葬証明書と
必要書類を役所に提出して「改葬許可証」を取得します。
200~500円/1体
墓じまいの流れ

1.親族への相談

まずは、親戚に墓じまいをしたい旨とその理由を告げましょう
矢印

2.「納骨されている遺骨をどの様にするか」を決める

先祖代々から続く古い墓の場合、多くの遺骨が埋蔵されています。「全ての遺骨を改葬する」「一部の遺骨だけを改葬する」「全ての遺骨を処分する」など、様々です。
寺院などにある永代供養墓に合葬するか、もしくは海へ散骨するか等を決めます。
矢印

3.新しい遺骨の受け入れ先より「A:受入証明書」を発行してもらう

永代使用承諾証(=霊園使用許可証)でも代用できる場合もあります。
墓じまい後、遺骨を同じ霊園内の合祀、散骨する場合、
3、5~8の改装申請・許可の必要はありません。
矢印

4.「墓じまい」したい旨を墓所の菩提寺または管理者へ伝え、受理してもらう

公営や民間の霊園の場合には、受入先さえ決まっていれば比較的スムーズにいくことが多いです。 寺院の場合には檀家を離れる「離檀」という問題があるために、簡単にはいきません。特に先祖代々からの檀家ならば、相当に困難が予想されます。根気よく交渉し続けることが必要です。
  • お寺の場合
    菩提寺の住職または管理事務所に連絡し「墓じまい」をすることを伝えます。 トラブル防止のためにも早い段階で相談することをお薦めします。
  • 公営・民間霊園の場合
    公営霊園、民間霊園の場合は、霊園管理事務所に「墓じまい」「改葬」することを伝えます
矢印

■離檀料について

寺院にお墓がある場合、檀家をやめたりお墓の引っ越しをする際にはそれまでのお礼として「お布施」を包む慣習があります。お布施の相場は地域によって、寺院の格によって、またこれまでのお付き合いによって違いますが、直接寺院とご相談ください。
矢印

5.旧墓地の管理者から「B:埋葬証明書」を発行してもらいます。

矢印

6.旧墓地所在地の役所で「C:改葬許可申請書」をもらい、必要事項を記入します。

矢印

7.旧墓地の管理者から「C:改葬許可申請書」に署名・印をいただきます。

矢印

8.旧墓地所在地の役所に「C:改葬許可申請書」・「A:受入証明(永代使用承諾証)」を提出、「B:改葬許可証」を発行していただきます。

矢印

9.旧墓地において供養・抜魂式を執り行い遺骨を取り出します。

寺墓地の場合は必ず住職による閉眼供養を行います。住職と石材店と3者の都合のよい日程で決めます。
公営・民間霊園の場合、閉眼供養を希望する場合は僧侶を手配します。
矢印

10.墓石の撤去工事を行う

石塔、カロート、外柵など使用している墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態に戻し、区画を返却します。

墓じまいにかかる費用

「墓じまい」には、墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態まで戻す費用と、墓埋法により決められている、墓じまいに必要な手続き、書類にかかる費用、また、お墓に埋葬されていた遺骨を別の墓、もしくは別の形で供養しなければなりませんので、それに関わる金額も必要になります。
項目 費用 支払い先
手続き費用 【受入証明書】 400~1500円/1通程度。 新墓地の管理者
【埋葬証明書】 400~1500円/1通程度。 旧墓地の管理者
【改葬許可証】 1体あたり200~500円程度。 旧墓地の自治体
墓所処分価格 遺骨を取り出す費用 20,000円/骨1体 石材店
お墓の解体、処分費用 70,000円/1㎡~
古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
供養費・お布施 供養費 寺院によって異なります。 寺院
離檀費 お布施
寺院と要相談

墓じまい実績

  • 2017.10.13【【相模原市営柴胡が原霊園】 墓じまいを行いました。】

    場所:相模原市営柴胡が原霊園
    お客さまから墓じまいのご依頼を受けて降りましたが改葬の手続きの段階で、お客さまの諸事情によりトラブル発生しなかなか改葬の手続きが進みませんでしたがやっとの事で改葬が許可され墓じまいに至りました。

    リフォーム前

    リフォーム前

  • 2017.07.06【【相模原市営峰山霊園】 墓じまいを行いました。】

    場所:相模原市営峰山霊園
    相模原市営峰山霊園の期限つき墓所の墓じまいのご依頼があり、墓碑の撤去処分と、お遺骨を相模原市の合葬墓に移す作業を行いました。

    近年、子供が居ない家族や承継者が居ない家族が増えてきており、墓じまいが多くなりました。

    リフォーム前

    リフォーム前

  • 2017.07.06【【相模原市寺院墓地】 墓じまいを行いました。】

    場所:相模原市寺院墓地
    お墓を承継する人が居なくやむを得ず撤去処分することにしたそうです。

    お遺骨は同じお寺の永代供養墓に移すことになりました。

    リフォーム前

    リフォーム前

  • 2017.06.20【【横浜市神奈川区寺院墓地】 墓じまいを行いました。】

    場所:横浜市神奈川区寺院墓地
    インターネットでのお問い合わせで現地でお客様とお会いしお見積りご提示後お受けいたしました。

    承継者がいなくなり永代供養墓に移すそうです。

    お墓にはご遺骨が2体あり魂抜きを済ませた後に解体作業を行いました。

    リフォーム前

    リフォーム前

  • 2016.06.27【【相模原市南区寺院墓地】 墓じまいを行いました。】

    場所:相模原市南区寺院墓地
    面積:3.24㎡
    ご住職からのご紹介で承継者が居なくなりやむを得ず墓所の返還になりました。

    リフォーム前

    リフォーム前

  • 2015.10.14【【相模原市寺院墓地】墓じまい(お骨取り出し・解体)】

    承継者が居ないという理由から墓じまいをされることにしたご家族です。
    お骨は、魂抜きをした後、お寺の永代供養墓に納骨しました。
    指定石材店のあるお寺さんだったのですが、施主の意向で住職を説得されて
    弊社にて依頼をいただきました。
    当初よりも低い予算にて墓じまいをすることができて満足いただきました。

    リフォーム前

    リフォーム前

1 / 11

正しい墓じまい

佐藤石材では、墓じまいのサポート・撤去作業を責任を持って、丁寧に安心価格にて承っております。

「墓じまい」=「お墓を撤去」と言ってしまうと、お墓に供養されている魂を軽視していると捉えられることがありますが、墓じまいの時には魂の移譲を行います。
お墓を撤去する前に供養元による「魂抜き(別名、閉魂供養)」を行い、墓石をただの石にかえる法要をおこないます。ただの石になったものを撤去します。
改葬(引越し)の場合、新しいお墓では「魂入れ(別名、開眼供養)」の儀式を行い、魂が安らかに眠れるように供養を行います。
また、お墓はご先祖様がこちらの世界(此岸)に来られる拠り所であり、墓じまいをすることにより、その拠り所が無くなってしまいますが、子孫のいないご先祖はもうこの世の拠り所は必要ないと考えられます。
ご先祖様にあちらの世界(彼岸)にお還り頂くことを快く引き受けて頂けるように読経供養も行います。

メールお問い合せ

【墓石リフォーム】

石のDr.無料診断中

WEB展示場

安くご提供できる理由

石のDr.が選ぶ銘石

ページトップへ戻る