追加彫刻・納骨・引越(改葬)

戒名の追加彫刻を依頼したい

納骨を依頼したい

お墓の引越しを依頼したい

追加彫刻

追加彫刻を依頼する

彫刻費用

25,000円~/1名分

(彫刻文字の大きさによって若干変動します)

ご納骨日に合わせて、墓誌または墓石の側面・裏面に追加彫刻致します。字体等もお選び頂けますが、事前に下記の物をご用意して頂く必要が御座います。

彫刻

事前にご用意頂く物

『追加彫刻原稿』/亡くなられた日(命日)/法名(戒名)/生前の名前(俗名)/亡くなられた年齢(行年・享年)等

となります。

お問い合せはこちら

納骨

納骨を依頼する

納骨費用

15,000円~/1名分

(施工内容によって若干変動します)

納骨は、家で忌明けの法要をしたあと菩提寺や霊園の墓地に納めるのが一般的です。遺骨預けは、火葬の翌日、お寺に遺骨を預け忌明けまでに中陰法要をしてもらい、忌明け法要後、そのお寺の墓地に納骨するやり方もあります。お骨は、不慮の災害を考えて、あまり長く家にはおかないほうが良いと言われます。埋骨は49日か遅くても1年以内には納めるべき場所に安置したほうが良いでしょう。

お参り

納骨の流れ

式自体は骨壷を納骨室に安置し石蓋を閉じ、墓石の背後に卒塔婆を立て、僧侶の納骨法要の読経のあと順次焼香をします。埋骨に必要な「埋骨許可証」は寺院や霊園の管理事務所に預けます。

納骨(埋骨式)にご用意頂く物

  • 遺骨
  • 卒塔婆
  • 香炉
  • 未香
  • 水桶
  • 「埋骨許可証」
  • 認印

お問い合せはこちら

お墓の引越し(改葬)

改葬を依頼する

改葬費用

要見積り

「すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移したい方」

「お墓そのものを別の場所に移したい方」へ

お墓のお引越しも承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

書類等のお手続きもお手伝いさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

墓

改葬に必要な書類

改葬許可申請書(現在遺骨のある墓地の市町村役場。※書類は市町村役場によって異なります。)

現在の遺骨の「埋葬証明書」

遺骨の移転先の「受入証明書」または「使用許可書」

※無用のトラブルを避けるためにも、事前に現在のお墓の管理責任者にお話をしておくことが必要です。

お引越しの方法

お墓のお引越しの方法は2つあります。

改葬

田舎のお墓に納めてあるお骨を取り出し、

全てを新しく用意したお墓に納める方法です。

分骨

田舎のお墓に納めてあるお骨を分けて、

移転先の墓地にその一部のお骨を納める方法です。

手続きの流れ・方法

新しい墓地の確保・書類発行

遺骨の改葬先を確保し、改葬先の墓地管理者から下記書類を発行してもらいます。

  • 「受入証明書」
  • 「永代使用許可書」

※「改葬許可申請者」と「改葬先の墓地使用者」が異なる場合、墓地使用者の下記書類の発行が必要です。

 墓地の管理者が不明な場合は、市区町村が調査しますのでお問合せください。

「埋葬承諾書」

現在の墓地での手続き

現在遺骨を埋葬してある管理者に下記書類を発行してもらいます。

「埋葬証明書」(書式自由、墓地に埋葬されている遺骨の氏名、墓地の使用者、墓地の管理者の署名・押印があるもの)

※「改葬許可申請者」と「改葬先の墓地使用者」が異なる場合、墓地使用者の下記書類の発行が必要です。

「改葬承諾書」

現在の墓地での手続き

現在遺骨を埋葬してある墓地の市区町村に改葬の申請を行います。

①「改葬許可申請書」に必要事項を記入 → ②「受入証明書(永代使用許可書)」と「埋葬証明書」を一緒に提出→③「改葬許可証」が発行されます。

※改葬許可申請書は1遺骨に1枚必要です。改葬許可証発行には発行手数料がかかる場合があります。

現在の墓地での遺骨出し

現在の墓地から遺骨を取り出す際には、ご住職などに依頼してお経を上げてもらい、

石材店に依頼して遺骨を出してもらいます。

現在の墓地を今後使用しない場合

墓地を購入した時の状態(更地)に戻すことが必要です。墓地の処理には費用がかかります。

新しい墓地への改葬

現在の墓地から遺骨を取り出す際には、ご住職などに依頼してお経を上げてもらい、

石材店に依頼して遺骨を出してもらいます。

メールお問い合せ

【墓石リフォーム】

石のDr.無料診断中

WEB展示場

安くご提供できる理由

石のDr.が選ぶ銘石

ページトップへ戻る