ブログ

綾瀬市の寺院で毎年恒例のお施餓鬼(せがき)のお手伝いを行いました

2016/08/02

 こんにちは。相模原を中心とした神奈川県一円で墓石のお仕事をさせて頂いております、石材店の「佐藤石材」の佐藤です。

7/28に綾瀬市の寺院で毎年恒例のお施餓鬼のお手伝いを行いました。
ご住職様12名ほどいらっしゃいまして法要が執り行われました。
例年より暑くなく檀家さんも静かに聞いていました。

DSC_0601_R DSC_0602_R DSC_0605_R DSC_0607_R

※お施餓鬼とは
仏教の世界には六道といわれる「地獄(じごく)」「餓鬼(がき)」「畜生(ちくしょう)」「修羅(しゅら)」「人間(にんげん)」「天上(てんじょう)」の六つの世界があります。
この六道の一つである餓鬼(がき)とは、俗にいう生前の悪行によって亡者の世界に落とされた魂や無縁仏となっているような霊や魂の事を言い、常に飢えと乾きに苦しんでいるものを指します。施餓鬼とは、そういう者たちにも食べ物や飲み物などの供物を施すことで餓鬼の供養を行う法要行事です。

合掌

 佐藤石材では、お施餓鬼のお手伝いも承っております。

ページトップへ戻る